2010年12月16日

日本民藝館展

昨日は、毎年この時期に開催される「日本民藝館展−新作工芸公募展」を観に、駒場の日本民藝館にいってきました。
日本民藝館展とは、公募された自薦他薦による陶磁器、ガラス器、漆器、染織品、荒物などの工藝品の中から、
審査員によって厳選された入選と準入選作品のお披露目会で、年末恒例の日本民藝館の一大イベントとなっています。
作り手の自信作の工芸品が一同に観られ、販売されるということから、例年たくさんの人で賑わいます。
昨日は、始まってすでに5日も経ってしまっているので、当然のことながらほとんど売約済みでした。
入選作品の中から、日本民藝館賞、日本民藝協会賞、奨励賞が選ばれ、最も優れた作品におくられる日本民藝館賞には、福島の立派な「鶴亀のしめ縄」が受賞されていました。
12月23日まで開催していますので、是非。


売店で、出版されたばかりの『柳宗悦コレクション1ひと』を購入。
表紙は柚木沙弥郎さん! 3巻まででるそうです。


101216_01.jpg

posted by べにや at 22:06| 民藝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする