2011年03月08日

日本民藝夏期学校

昨日紹介いたしました『民藝』(2011年3月号)に、
平成23年度 日本民藝夏期学校の主なスケジュール(予定)が発表されています。

日本民藝夏期学校は、日本民藝協会と各地民藝協会の主催で開催される、
どなたでも参加可能な二泊三日の民藝勉強ツアーです。

今年は、下記の三カ所で開催されます。


7月1日(金)〜3日(日)
青森会場

7月22日(金)〜24日(日)
豊田会場

9月2日(金)〜4日(日)
倉敷会場


青森では「津軽こぎん刺しと南部菱刺し」についての講義や、鈴木大拙さんの秘書を長年つとめられた岡村美穂子さんの講座。
こぎん刺しの体験学習、棟方志功記念館の見学など。

豊田では、有松鳴海絞会館、瀬戸本業窯、小原和紙への見学。講座、パネルディスカッションあり、
もちろん豊田市民藝館にもいきます。

倉敷は、大原美術館や倉敷民藝館を見学し、倉敷ガラスの小谷さんの工房も予定しているそうです。

現時点ではあくまで予定のため、日程等を含め変更があるかもとのことです。
本決まりになると、日本民藝協会のホームページにアップされると思いますので、
たびたびチェックしてみてください。


http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/
posted by べにや at 17:57| 民藝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする