2012年07月16日

「木喰のうた」 森貘郎 板画展から

昨日は森貘郎さんと尾久彰三さんのギャラリートークをおこないました。

終始笑いの絶えない、楽しいお話会になりました。
木喰さんの風貌に似てきたという森さん、本の自刻像と自画像とを見比べてみてください。
木喰仏というよりは、自由な「うた」に惹かれて彫ってみたくなったとのこと。

120716_05.JPG  120716_04.jpg

尾久さんは、おもに「木喰仏と民藝」について、木喰仏と柳宗悦との出会い、民藝館所蔵になるまでの経緯など、そして木喰の凄まじい生き方など語られました。また、尾久さんのコレクションから、貴重な木喰さんの直筆の書の軸をもってきてくださり、解説をしていただきました。大切なものをみせていただきありがとうございました。

森さん、尾久さん、そして暑い中参加された方々、本当にありがとうございました。
展示会は22日(日)までです。


120716_02.JPG  120716_01.JPG

posted by べにや at 21:42| 展示会(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする