2013年10月13日

雑誌『民藝』最新号

今月10月号の特集は「鈴木大拙と柳宗悦」です。
世界的な仏教学者である鈴木大拙は、英語教師として学習院高等時代の柳宗悦と出会いました。以来、親交と信頼を深め、柳は大拙を一生涯の師と仰ぎました。
今号では、柳の死を「世界の損失」と表現し、読まれた弔詞「柳君を憶ふ」を巻頭に、鈴木大拙の秘書を長年務められた岡村美穂子さんの寄稿などが掲載されています。


131013_01.jpg

主な読み物は
○弔詞 柳君を憶う(鈴木大拙)
○仏教を説く道(柳宗悦)
○鈴木大拙と柳宗悦[講演録](岡村美穂子)
○鈴木大拙と柳宗悦(猪谷聡)
○鈴木大拙略年譜
など


○『民藝』2013年10月号(日本民藝協会発行 850円)

131013_02.jpg

131013_03.jpg


posted by べにや at 21:50| 民藝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。