2015年03月31日

石川さんと大塚さんと、尾久さん

「石川雅一・大塚茂夫 二人展」が開催しておりますが、初日3月28日の夜は、石川さんと大塚さん、そして元・日本民藝館学芸部長の尾久彰三さんの3人によるギャラリートークを行いました。

150331_02.JPG

気心の知れた3人の楽しい掛け合いで、大勢のお客さまでいっぱいの場内は終始笑いに包まれました。
尾久さんがお2人の作品に対して感想を述べられたり、骨董好きの3人が各自のコレクションを披露しながら、その魅力や、自身の仕事への影響を熱く語っていただいたりと話題は尽きず、大いに盛り上がりました。
ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。


150331_01.JPG

尾久さんは、昨年末に『民芸とMingei』(晶文社)という本を出されました。この本は、尾久さんがご自分のコレクションから厳選した、数々の古いものと新しいものをユーモア交えて紹介している楽しいエッセイ集なのですが、そのなかで石川さんと大塚さんの作品をとりあげています。
会期中(4月5日まで)は、べにや民芸店にて本も販売しておりますので、まだお持ちでない方は、この機会にお求めになられてはいかがでしょうか。
posted by べにや at 18:42| 展示会(焼物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする